about us

about us

Aging Japan は、高齢先進国日本発の課題解決プラットフォームです

Aging Japanとは

世界最高の超高齢社会の日本における課題は、未来の世界の課題でもあります。反対に、この課題解決することが出来れば、日本は世界の高齢社会のリーダーになれると考えられます。しかしながら、今の日本では、高齢化にたいして様々な施策を行われる一方、悲観論が先行し、あらたなビジネスを生み出すという視点で高齢化をみつめるまでには、至っていません。世界の高齢化の先を走るこの東京から、一般社団法人 日本次世代型先進高齢社会研究機構は、世界に広がるAging2.0チャプターと連携しながら日本及びアジアでAging innovation を創造してまいりたいと思います。

 

Aging 2.0とは

Aging2.0は、2012年に、創設された世界中の高齢者の生活を改善するために、イノベーションを加速することを目的としているNPO法人です。単なる高齢社会に対して行政・福祉が主に介入する施設ベースの取り組みという限られた考え方(Aging1.0)から、すべての人間が、年を重ねる中で、健康で良好なライフスタイルを送り続けるために直面する問題に対して、営利・非営利団体の垣根を超え、コミュニティベースでビジネスが解決することができる機会の創出という考え(Aging2.0)への移行を提唱しています。

 

法人概要

名称
一般社団法人 日本次世代型先進高齢社会研究機構
所在地
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-17-6 鹿島ビル3F
設立
2017年8月
代表
阿久津靖子
役員
理事8名、監査1名
Mail
tokyo@aging2.com

 

PAGE TOP